DepthO'Field

天邪鬼が写真と音楽と日常についてあーだこーだ。

ラ・ラ・ランド

観てきました。

 

同監督の「セッション」、

凄く良かったので、次の作品楽しみにしてたんだけど、なんか、雰囲気違い過ぎて、ちょっと敬遠気味だったんですよね。

 

でも、Apple Musicにあったからサントラ聴いてみて、1曲目の"Another Day of Sun"で撃沈。

 

なにこれ、すごいいいじゃん!

って、心弾み出し。

しまいには、いても立ってもいられなくなり。

観に行きました。

 

この映画は、本当に好きな人とか、本当に大事な人が居ると、切なさに胸が苦しくなるかも。

でも、見終わったあと、そんなアンハッピーな気持ちにはならない、素敵な映画。

恋してる人には、たまんない映画です。

 

好きな場面は2つあって、

ひとつは、オープニング。

高速を止めて撮影したという、大掛かりなシーン。

この場面で、観客は、ああ、この映画はミュージカルなんだ、って認知する、大事なシーンでもあると思います。

もうひとつは、

ポスターにもなっている場面で、

主人公のふたりが丘の上、ダンスをするシーン。

黄昏時、雲一つない、グラデーションの美しい空を背景に、一発撮りで撮影されたというロングシーン。ほんとに美しいです。

 

もう1度ぐらい映画館で観たいけど。

どうかなーー。

f:id:chikache:20170320225251j:image